モエかん

掲載日:07/11/28 更新日:08/01/17

ストーリー

 アクションがあったりして何かと面白い。ストーリー性が失われていない。加点理由になるようなものは無い。

キャラクター

 霧島の喋り方はキャラを必要以上に立たせるもののような気がしてならないし、リニアはアンドロイドメイドだし、かずさは猫妖怪だしで色々なキャラがいるが加点理由となり得るものは、霧島と鈴希の幼さ以外には無い。かずさは猫であろうとHシーンで特別何かある訳で無いし、リニアも同様だ。しかし、加点理由とまで行くかというとそうではない。

シチュエーション

 リニア・冬葉の陵辱ルート。それ以外のキャラのAfterではかずさにしろ鈴希にしろ霧島にしろ色々な要素を詰め込んでやりたい放題な感がある。おまけシナリオとしては本編に無いことが入っていて正しい姿なのかもしれない。しかしこれによって加点はされない。階層が2.7台以上に規定されたのみだ。規定の理由の殆どはここ、シチュエーションにあるが、この階層で加点理由にはしない。

ゲーム性

 メイドだらけであったり、タイトルがいかにもと言った感じであるのだが、ゲーム性を見れば普通のファンタジーと言った感じなのだ。しかし、陵辱ルートが存在すると言うように階層の規定理由には当たる。加点理由は無い。

立場

 ケロQのゲームはそのコンセプトが一般的でないと言われることもあるが特にここで加点することはなかった。

 
記事をランダムで選ぶ
pop
名前
ブランド 点数
加点理由
簡易コメント