灯穂奇譚

掲載日:06/11/19 更新日:08/01/17
ブランド 水鏡外部
点数 2.56
加点理由 シチュエーション・キャラ・▲ストーリー

ストーリー

 基本的にシリアス一直線なので、ここでの加点理由は見出せない。簡易評価でも記述したが、伝承・神話関係の考察はなかなかのもの。True end.でのまとめ方も綺麗。
 気になる所があるとすれば、多少同じ様な展開の繰り返しな部分がある事。主人公の精神描写や、祠さまに行く時の展開に少々飽きる。シナリオの総量は少なめ。同人だし。

キャラクター

 本編で主に登場するのは4人と少なめ。幼馴染(カナタ)とその母親(サユキ)、大学の仲間(稗田)、謎の女性(ナミ)。特には問題が無い様に見えるが、カナタは精神年齢が幼かったり、ナミは主人公の実の母親だったりして、性的な描写が入るとなると多少の加点事由と認められる。
 が、その設定は物語に深く関わってくる事由なので、ストーリーでの減点事由と考慮した。因みに攻略可能キャラはカナタとナミの2人だけと少なめ。同人だし。

シチュエーション

 物語中、主人公の性的な妄想が多数描かれているが、それほど濃いものでもなく、ボリュームも少ない方だろう。
 本当におまけ程度なので、おまけ程度に加点。

ゲーム性

 システム自体はケロQ作品とほぼ同じ。テキストを縦に並べる形式をとっている。攻略後のおまけ、ムービー・CGのクオリティーは同人としては高め。 ここで加点する要素は無い。

立場

 ケロQスタッフによる同人ブランド。よってクオリティーは同人にしては相当なレベルであると思われる。声優、原画家共に豪華。
 そんな同人の立場から加点は無い。

 
記事をランダムで選ぶ
pop
名前
ブランド 点数
加点理由
簡易コメント