CLANNAD

掲載日:06/11/08 更新日:07/12/03
ブランド Key
点数 2.45
加点理由 シチュエーション

ストーリー

 感動できるものであるのは確実であるが、それによって鬱になってしまうような破壊力とでも言うか、そういったものは無い。つまり、衝撃が少ない。何せみんなハッピーエンドなのだ。

 前作ではメインヒロインが死んだり前々作でも他のヒロインのルートでメインヒロインが助からなかったりして生死に絡んだシナリオだった。
 しかし、今作は渚も死なないことに出来るし、勝平も死なない。何だかんだ言ってみんな幸せハッピーエンドになるので加点理由にはならない。

キャラクター

 沢山のキャラが出てくるが、誰一人として常軌を逸するようなのはいない。風子などちょっと幼いかもしれないがこのゲームは指定の付くようなものでなく、Hシーンなどはもちろん存在しないので、この項目での加点理由はこの場合存在しない。

シチュエーション

 言うまでもなく(?)智代。教室でのイベントで、先生に見付からなければあわや、と言う状況の描写があったので、単純にそれはHシーンに準ずるものとして、加点理由とした。

ゲーム性

 このゲームは特徴的な構造をしており、ゲーム性は多少特殊な体をなしている。あるヒロインのルートに入っても他のヒロインが普通に絡んできたり、エンドが非常に沢山あったりする。
 そういった特徴は、しかし無論加点理由にはならない。

立場

 PC初出のゲームであるが、それは加点理由でなく、階層の規定理由。
 例えばCLANNADが2.50以上の年齢指定付きタイトルのリメイクであった場合は、ここ立場での加点事由が生ずることになる。この場合は、これが初出の作品である。よって加点理由とはしていない。

 詳しく知りたいと言う稀有な方は、覚悟の上で加点ジャンル立場の詳細基準を熟読して下さいませ。
 このパートついては、大作戦中最も難解な概念であるとされているので、自己責任で;;(ぁ

 
記事をランダムで選ぶ
pop
名前
ブランド 点数
加点理由
簡易コメント