夢オチ、とは。

 こんばんは。

 標記につきまして、最近ちょっと考えていたのです。と言いますのも、ちょっと前に何かの作品に触れたとき「ああ、適当に辻褄の合わないことを投げっぱなしにされるよりは、夢オチですって明示してくれた方が落ち着くものだなあ」と思ったのですが、先日『僕は友だちが少ない』(映画)を見た際には「やっぱり夢オチって難しいわ。適当にオチとして利用していいものじゃないわ」と思ったのでした。

 なんでそういう現象が起こるのかはさておき、「夢オチ」というものについて認識をしっかりと固めておきましょう。


 夢オチはちょっと前にはシナリオ展開上よくある展開であり、かつ「逃げ」であって、あまり好ましくないという認識だった印象があります。そして今になってはあまり目にも耳にもしなくなってしまったようにも思います。
 と言いますのも、昨今の作品を見ると、そのような機微を気にしている余裕がないとでも言いましょうか。とにかく、その辺りの変遷には明るくないので一から十まで印象になってしまうのですが、おそらく最近の需要の中心が、そういう「辻褄が合っているか、妥当か、説得力があるか」というような部分は重要視されず、別の要素──露骨に言えば即物的な心地好さ──に重きを置いたものになってきているのだと思うのです。

 裏を返せば、(今に対しての)昔は夢オチなんていう上がりきったハードルをぶち抜くようなとんでもない収め方をしてでも、物語や展開上の有限さのようなものを求めたのだと思うのです。
 まあ私はお話というものは一見理解しがたくても考えればしっかりと一応の説明がつくようなものであって、それを享受者に丸投げをしているわけではなく、そしてできればそれがスマートに(私の好みに合うような修飾要素を伴って)表現されているのが理想的であると考えているわけです。
 妥当で誠実で趣のある作品として、作品の方を自分に寄せていきたいですね(テクニカルターム)。


 話が大分逸れましたが、夢オチに対しては要するに妥当性の放棄であって、そこは判定不能になるのですね。でも負の数という扱いにはならないのだと一瞬思ったのです。それが冒頭の「投げっぱなし(妥当性において負の評価)よりは良い」だったのですね。でも実写はがないは夢オチの円熟期(?)に多用されたのであろう、どう考えても説明がつきっこないことの後に取って付ける卓袱台返し的なオチの形式だと感じたのです。そしてやっぱり「中庸の徳」が頭をよぎり、何事も限度があるのだなと思い直しました。
 夢オチは万能終末取り纏め機じゃないんですね。
 夢オチの理想的な程度はぎりぎりあるかないかのライン。言わばフィクションラインが発散しない程度なんだと思います。きっと私にはそこが一番効きます。



 そんなこんなで、今日の私は何も言えてない気がします。


キーワード:夢オチ、妥当性、フィクションラインの発散、誠実さ

Profile

shoka
大作戦企画部屋の一応管理人。
犬で眼鏡じゃない人。

New Entries

Comment

Categories

Archives(166)

Link

Search

Free