余韻。

忙しい忙しい、と言いつつも実はそれほどでもないかもといった感じ(挨拶

 クールの切れ目がまたやってきました。
 前期今期の2クールものが多かったですが、今期来期と跨るものは私の観ている範囲では少ないようです。
 しかし、取り敢えず1話は観てみようかなぁといった作品が多くて堪りません。削ってもやっぱり10作品を越えそうな予感です。なんとも;;

 さて、色々と取り敢えず最終回を迎えた作品は多いですが、「あれ?これって続かないの?」なんて思ってしまうような、変に余韻のある終わり方が目立ったように思うのです。

 エル・カザドは綺麗でした。
 絶望先生は最後まであれでした。
 ドージンワークは正に最終回といったものでした。
 ななついろは……うん。そうでしょうね。といった感じでした。
 らき☆すたは正直「んぅ?」でした。
 キスダムは「…ぇ?」でした。
 CLAYMOREは頑張って最終回っぽい感じにはなっていました。
 怪物王女は……終わったのですか?

 あと、瀬戸嫁とひぐらし解、藍蘭島、もえたん、ウミショーは未だ観ておらず;;
 瀬戸嫁ひぐらしはまだ未放映なのでともかく、あとのは頑張って観ようと思います。

 …でも、明日はPP2倍なのですよね…(ぇ  >ぱにゃ
 …さらには、饅頭集めに奔走しないとですし。  >ラテ


そんなこんなで、今日の私は時間を捻出。

変化の兆し。

 やっぱりハッピーエンドですか。そうですか(挨拶

 色々な事象を不自然に捻じ曲げてある種不条理なハッピーエンドには、私は納得がいきません。
 だからと言って何でもバッド、バッドとは行かなくても幸せな結末はいらないか。というと、もちろんそんなことはありませんけれど。
 ハッピーエンドというのは、とても稀な、偶然に偶然が重なって、まるで針の穴に糸を通すかのような…は、言い過ぎですが。
 矛盾を感じない、ご都合主義と思われないような、綿密な構成の検討が必要だと思うのです。つまり、ハッピーエンドはそう簡単なものじゃないので、安易に用いるのは(ry
…ということです。私的にはですけれど。

 さて、ここまでは実はどうでもいいことで…。

 現在、はうすさんがこのサイトをリニューアルするための準備を進めてくださっています…より見やすい、分かりやすい、ハイセンスなデザインに生まれ変わる…と思います。きっと。恐らく。
 はうすさんの技術力は確実に日進月歩っております。
 きっと、素晴らしい……と、これ以上は言わないようにしておきましょう。はうすさんの為に。


そんなこんなで、今日の私は…特に無いですね…(ぇ

季節の移り変わり。

 最近天候は雨続きで、すっかり涼しくなりました。秋の虫も鳴いています。
 このぐらいの時間になると、よりそんな季節の移り変わりを感じます。

 それはそうと、なんだか私そんな変わり目の急激な気温変化で、体調を崩したらしいです。いえ、なんでしょう。これから崩す予感がします(ぇ
 なんとなくだるいような、体が重たいような、背中から後頭部にかけてに寒気が走ったりと、風邪の諸症状らしきものを感じます。気をつけなくては。

 そんな思わしくない体調の中、周りの環境の変化も手伝ってでしょうか…少し、懐かしい感覚が不意に湧き起こったりしました。皆さんも、不意に昔感じていた、言うならば「無垢な感性」のようなものが頭に浮かんだりして、新鮮な気持ちになったりすることはないでしょうか。
 …まあ、私はかつて十代前半に感じていた鮮烈な衝撃を持った「萌え」のようなときめきを感じたということなのですけれども…はい。

 何かがトリガーとなって鮮烈な感覚が再現されることは結構ありまして、例えば冬の夜、弱い雨の中に犬の散歩などしていた時もありました。
 ……そう考えると、私には何か「寒い」ということに特別なものがあるのでしょうか。「寒」属性…?(ぇ


そんなこんなで、今日の私は布団にくるまっての就寝。

リアルラックの無駄遣い。

 お久しぶりでございますm(_ _)m
 色々な都合で投稿が滞っておりました。ネタが溜まってきたので更新いたします(ぇ


今回の投稿は奈須きのこさん著のDDD2巻についてのネタバレを含んでおりますので気になさる方はご注意を。






 …ネタはさておき、発売から大分経った今日、ようやくDDD2巻を読了いたしました。
 今回は何と言いますか…1巻にも益して1回読んだだけでは意味が分かりません。
 時系列もよく分かりませんし、新部云々のお話もよく分からなくなってきました。どこかでそんな感想を見た気がしたのですが、なんとも説明不足な感が否めません。
 カナタは身体能力の全体的向上が新部ではなかったのでしょうか。それともあれは新部じゃない…?いえ、そんなことより、どこが夢だったのかすら思い出せなくなってきました;;(ぇ

 色々とごちゃごちゃです。今回は全体的に1巻よりも前の話です…よね?
 地下鉄の事件ってなんなのでしょうか…。あまりに伏線とも呼べない程の情報は、私にとって物語の理解に邪魔なだけでした。私は覚えていないのですが、地下鉄で日守がミンチになったという事件は既に作品内で書かれていたのでしょうか。それすら有耶無耶だったりですorz

 でもきっと、人の期待に沿うような文章を書こうとしないで、自由に自分の書きたい文章を書いた結果なのだろうと思ったりです。
 そういうことだと思うので、大仰に言えば「TYPE-MOONの」奈須さんではなく、一人の作家、奈須きのこの作品として文章を読みたいと思うのです。
 つまり、月姫やFateなど月の作品とは何ら関係無いと。そういうことですね。


そんなこんなで、今日の私は2回目への気力を充填。

あと追記で今日のタイトル関連を。
(続く──
──続き)

 今日はラテの方で物凄くツイていました。
 無駄遣いかと言うと、全然そんなことはなく、むしろ私としてはとっても嬉しかったのですが…。

 1日であんなに出なかったミスリルを3つ入手し、ユニの狼槍をドロップ致しました。
 あんまり嬉しかったのでSSを↓
ミスリルとキョン.jpg
ミスリルと…ラテの中で私の一番好きなNPC。可愛い。

狼槍.jpg
しかも中々高耐久。
SSはドロップ直後を撮っておけば良かったと後悔です。これは倉庫キャラで。


 これだけ良いドロップしたのにあれですけれど…。
 本当は九尾いぢめて手に入れるあの棒の方が欲しかったなんて、内緒だよ?(ぁ

ラ・テール採鉱状況の途中経過

 今回偏った話で申し訳ないですが、ちょっとメモを…と。

 ラ・テールなるゲームで鉱石を採掘(採鉱)で数掘って自分なりの指標にしたいなぁ…などと愚考の上始めたデータ集め…。正直つらいです。・゚・(ノД`)・゚・。(ぁ

 場所は山林の1F。時間帯は特に気にしていないので、「0時から掘り始めると〜」云々が事実であった場合を考慮していませんのでご了承を。ちなみに早朝を除いて意外と満遍なく掘っているかもです。

 試行回数:1287
 普通鉱石→847個(65.81%)
 銅→271個(21.06%)
 鉄→126個(9.79%)
 アゲット→12個(0.93%)
 サファイヤ→7個(0.54%)
 ペリドート→21個(1.63%)
 ダイヤモンド→3個(0.23%)

 このような感じですね。今のところ。
 ちなみに何とも運のないことに、1000回以上掘っているのにミスリルがひとつも出ません。・゚・(ノД`)・゚・。
 ユニどころじゃないよーといったような感じですorz


そんなこんなで、今日の私はざくっざくっと。

Profile

shoka
大作戦企画部屋の一応管理人。
犬で眼鏡じゃない人。

New Entries

Comment

Categories

Archives(166)

Link

Search

Free